ハッカソン準備会のご案内

8月に実施しました交通安全支援アイデアソンでは、交通安全を支援する6つのアイデアが創出されました。

それらを実現するためには、カメラを搭載するスマート車載センサの開発が必須だと考えております。そこで「死角を視覚化する」をテーマに

 スマート車載カメラ(仮)のプロトタイプ

の開発を目指すハッカソンに向けた準備会を、下記の要領で開催いたします。

○ 日時:2017年11月11日(土)13時〜17時
※ハッカソン本番は12月2日と3日の2日間を予定

○ 場所:福岡SRPセンタービル 2階・研修室1
URL: http://www.fukuoka-srp.co.jp/access/index.html

○ 定員:30名程度(応募者多数の場合は抽選)

○ 参加費:無料

○ 対象:どなたでも
※8月実施のアイデアソンに参加されなかった方も大歓迎です。
※当日は、ベビーシッター等準備いたしますので、
乳幼児をお連れの方も是非ご参加ください。
(申込時にお知らせ頂けましたら幸いです。)

○ 申し込み方法
出欠確認のため氏名、所属等を添えて、
メールの件名に「ハッカソン準備会参加希望」とお書きの上、
下記(九州大学・高野宛)までご連絡ください。

E-mail: shi.takano@coi.kyushu-u.ac.jp

*頂いた情報は、本イベントに関する連絡にのみ使用いたします。

○ 申し込み締め切り
2017年11月9日(木)

○ スケジュール(案)
12時30分 受付開始
13時00分 挨拶(九大COI 高野)
・スマート車載カメラについて
13時20分 プロトタイプ開発の仕様検討
* フリーディスカッション形式
15時00分 各グループにおいて詳細検討
16時00分 ハッカソン実施の詳細について
・アーバンデータチャレンジへの投稿に向けて
17時00分 終了

アイデアソン結果発表!(速報版)

今回のアイデアソンでは、18名の参加があり、
交通安全支援に関する6つのアイデアが創出されました。
その概要図は、以下となります。


6つのアイデアまとめシートは、下記にあります。

アイデアソンまとめシート

11月のハッカソン開催に向けて、情報を整理して参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

アイデアソンを開催!

今回のアイデアソンでは、交通安全に必要なデータの収集、交通ハザード情報の有効な提示方法など、市民の交通安全を支援するアイデアを創出することを目的としています。さらに、このアイデアをもとに、11月には、交通安全支援アプリケーションのプロトタイプを開発するハッカソンを予定しています。

○ 日時:2017年8月26日(土)13時〜17時

○ 場所:福岡SRPセンタービル 2階・研修室1
URL: http://www.fukuoka-srp.co.jp/access/index.html

○ 定員:30名程度(応募者多数の場合は抽選)

○ 参加費:無料

○ 対象:どなたでも
※11月のハッカソンへの参加有無は問いません。
※当日は、ベビーシッター等準備いたしますので、
乳幼児をお連れの方も是非ご参加ください。

○ 申し込み方法
出欠確認のため氏名、所属等を添えて、 メールの件名に「アイデアソン参加希望」とお書きの上、
下記(九州大学・高野宛)までご連絡ください。

E-mail: shi.takano@coi.kyushu-u.ac.jp

*頂いた情報は、本アイデアソン&ハッカソンからの連絡にのみ使用いたします。

○ 申し込み締め切り
2017年8月24日(木)

○ スケジュール
12時30分 受付開始
13時00分 挨拶(九大COI 拠点長 是久 洋一)
13時10分 インプットセミナー
交通安全支援アプリケーションの開発に向けて
1.交通ハザードマップについて (名大COI・大野沙知子)
2.都市サーベイランスについて (九大COI・高野茂)
3.情報を五感のどこに訴える?(九大COI・西釜義勝)
13時40分 アイデアソン開始
17時00分 アイデアソン終了

主催:九州大学共進化社会システム創成拠点,名古屋大学未来社会創造機構
共催:九州先端科学技術研究所(ISIT)、ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州(BODIK)、UDC2017実行委員会